FC2ブログ

ヒューマンGP2015第15戦日本GP


人気ブログランキングへ

img046b2.jpg

日本GP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'37"76
2位シューマッハ(ベネトン)1'38"45
3位ハッキネン(マクラーレン))1'38"60
4位マンセル(ウイリアムズ)1'39"13
5位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'39"29
6位亜久里(フットワーク)1'39"53
7位セナ(マクラーレン)1'40"56
8位アレジ(フェラーリ1'40"80
9位中嶋悟(フットワーク)1'41"29
10位チェザリス(ティレル)1'42"20
11位ベルガー(フェラーリ)1'42"82
12位J.J.レート(ザウバー)1'44"60
13位右京(ティレル)1'46"11
14位AKAMARU(ザウバー)1'52"13

ついこの間の日曜に現実の日本GPがありました。
ハミルトンが圧勝してて面白味欠けるものでしたがコースレイアウトを覚える役に立ちました。
が、その割にタイムはイマイチでした。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位アレジ(フェラーリ)
5位シューマッハ(ベネトン)
6位ハッキネン(マクラーレン)

13位AKAMARU(ザウバー)

リズミカルに走る、シケインはカクカクせずにストレートを抜ける感じで、と、
テンポ良さと攻めの走りで戦いました、なので壁にぶつかる率高し。
しかも序盤にシケイン攻略し損ねてピットロードへ、予期してなかったピットインでロスしてしまう。
その後はどうにも追いつけず13位で終わった。
スポンサーサイト

ヒューマンGP2015第14戦ポルトガルGP


人気ブログランキングへ

img046b1.jpg

ポルトガルGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'18"33
2位マンセル(ウイリアムズ)1'18"33
3位シューマッハ(ベネトン)1'19"29
4位アレジ(フェラーリ)1'19"62
5位ハッキネン(マクラーレン)1'19"91
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'20"51
7位ベルガー(フェラーリ))1'20"62
8位J.J.レート(ザウバー)1'20"78
9位中嶋悟(フットワーク)1'21"20
10位セナ(マクラーレン)1'21"65
11位右京(ティレル)1'22"71
12位亜久里(フットワーク1'23"62
13位チェザリス(ティレル)1'24"87
14位AKAMARU(ザウバー)1'25"51

1,2を争うくらい走りやすいコース、
予選タイムも前車から1秒弱落ちなので決勝での巻き返しに期待した。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位アレジ(フェラーリ)
5位シューマッハ(ベネトン)
6位ベルガー(フェラーリ)

13位AKAMARU(ザウバー)

レース序盤でテレビ画面が乱れるトラブル発生。
それでも我慢してゲームを続けるも全く何も認識出来ないレベルになりプレイ中断して対処する。
この腰を折られた感じが影響してかレースはしまらないものになってしまった。
良い感触を得ていただけに残念でならない、来シーズンのポルトガルで晴らしたい。

ヒューマンGP2015第13戦イタリアGP


人気ブログランキングへ

img046b.jpg

イタリアGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPアレジ(フェラーリ1'21"36
2位プロスト(ウイリアムズ)1'21"60
3位マンセル(ウイリアムズ)1'21"82
4位シューマッハ(ベネトン)1'22"56
5位ベルガー(フェラーリ)1'23"25
6位セナ(マクラーレン)1'23"40
7位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'23"73
8位亜久里(フットワーク)1'23"73
9位ハッキネン(マクラーレン)1'23"91
10位中嶋悟(フットワーク)1'24"18
11位チェザリス(ティレル)1'24"59
12位右京(ティレル)1'24"82
13位J.J.レート(ザウバー)1'26"65
14位AKAMARU(ザウバー)1'30"93

タイムとしては、喜べないがこんなものか。せめて同僚には勝っておきたいところだ。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位セナ(マクラーレン)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位シューマッハ(ベネトン)
4位アレジ(フェラーリ)
5位マンセル(ウイリアムズ)
6位ベルガー(フェラーリ)

11位AKAMARU(ザウバー)

抜いた後にブロックすると基本しばらく相手はそれ以上厳しく来ない。
自身のファイナルラップ時に既にゴールしているライバルはゴースト状態なので当たってもOK。
で今回も見苦しくあがいて11位ゲットしました。

ヒューマンGP2015第12戦ベルギーGP


人気ブログランキングへ

img045b3.jpg

ベルギーGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'47"76
2位マンセル(ウイリアムズ)1'48"48
3位ハッキネン(マクラーレン)1'49"07
4位シューマッハ(ベネトン)1'49"16
5位アレジ(フェラーリ)1'49"46
6位セナ(マクラーレン)1'49"53
7位亜久里(フットワーク)1'50"78
8位J.J.レート(ザウバー)1'51"76
9位中嶋悟(フットワーク)1'51"78
10位チェザリス(ティレル)1'52"11
11位ベルガー(フェラーリ)1'52"18
12位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'53"68
13位右京(ティレル)1'54"56
14位AKAMARU(ザウバー)2'07"60

悪夢再び、2分切れなかった・・・。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位シューマッハ(ベネトン)
4位アレジ(フェラーリ)
5位セナ(マクラーレン)
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)

14位AKAMARU(ザウバー)

予選のタイム差もあるが長期戦になるので我慢の走りに徹しようとした。
オー・ルージュもコースアウトが怖くて全開では行けず臆病走行をする。
途中ピットイン入り口付近でバランスを崩した、
どうせタイヤ的にきつくなるので逆らわずそのままピットへ。
リフレッシュしたにもかかわらずマシンは理不尽に蛇行し、
先頭集団は手加減なく接触してくる、
ここに至って我慢の走り終了する。
後はもうキー!キー!言いながらのブチ切れ走行。
まあ最下位という結果には変わりはないが。

ヒューマンGP2015第11戦ハンガリーGP


人気ブログランキングへ

img045b2.jpg

ハンガリーGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'14"76
2位マンセル(ウイリアムズ)1'15"18
3位シューマッハ(ベネトン)1'15"71
4位ハッキネン(マクラーレン)1'15"73
5位中嶋悟(フットワーク)1'16"48
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'16"76
7位セナ(マクラーレン)1'17"48
8位亜久里(フットワーク)1'17"48
9位ベルガー(フェラーリ)1'18"60
10位J.J.レート(ザウバー)1'18"62
11位アレジ(フェラーリ)1'19"18
12位チェザリス(ティレル)1'19"33
13位右京(ティレル)1'20"45
14位AKAMARU(ザウバー)1'24"45

最近前車からの約4秒落ち、まあいい感じです。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位プロスト(ウイリアムズ)
2位マンセル(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)

14位AKAMARU(ザウバー)

接触を避けようとするとコースからはみ出る、グリップ高めで挑んでいて突然蛇行しタイムロスする。
グリップを上げるためにサスをハードにしソフトタイヤを使用しているため耐久性が悪い、
コースアウトや接触でダメージ→グリップ力が落ちるの図式。
そういうのをなんとかしようと思った矢先でコースアウト、
エンジンにダメージをうけ序盤でピットインせざるを得なくなり事実上レースが終わってしまう・・・
うーむ。

ヒューマンGP2015第10戦ドイツGP


人気ブログランキングへ

img045b1.jpg

ドイツGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'38"59
2位シューマッハ(ベネトン)1'39"22
3位マンセル(ウイリアムズ)1'39"48
4位ベルガー(フェラーリ)1'41"18
5位アレジ(フェラーリ)1'41"31
6位セナ(マクラーレン)1'41"42
7位亜久里(フットワーク)1'41"59
8位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'41"60
9位ハッキネン(マクラーレン)1'42"07
10位J.J.レート(ザウバー)1'42"11
11位チェザリス(ティレル)1'42"20
12位右京(ティレル)1'42"82
13位中嶋悟(フットワーク)1'42"96
14位AKAMARU(ザウバー)1'44"62

最近前車からの10秒落ちだったが、ここに来てようやく約2秒落ちまで回復した。
ようやくタイプ1のハンドリングにも慣れたこともあるがここのコースが運転しやすいというのもあるだろう。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位シューマッハ(ベネトン)
4位セナ(マクラーレン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)

12位AKAMARU(ザウバー)

入賞圏内からは遠ざかっているが12位は割と満足している、
周回遅れの最下位だった頃と比べればまずまずの結果かと。

ヒューマンGP2015第9戦イギリスGP


人気ブログランキングへ

img045b.jpg

イギリスGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPマンセル(ウイリアムズ)1'19"36
2位プロスト(ウイリアムズ)1'19"76
3位中嶋悟(フットワーク)1'22"25
4位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'22"53
5位シューマッハ(ベネトン)1'22"56
6位セナ(マクラーレン)1'22"59
7位ハッキネン(マクラーレン)1'22"82
8位アレジ(フェラーリ)1'23"56
9位ベルガー(フェラーリ)1'23"56
10位亜久里(フットワーク)1'23"62
11位J.J.レート(ザウバー)1'24"80
12位チェザリス(ティレル)1'25"22
13位右京(ティレル)1'25"59
14位AKAMARU(ザウバー)1'37"45

私は前車から10秒強落ちの最後尾というおなじみの展開。
地元マンセルがポールです。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位セナ(マクラーレン)
2位マンセル(ウイリアムズ)
3位シューマッハ(ベネトン)
4位プロスト(ウイリアムズ)
5位アレジ(フェラーリ)
6位ハッキネン(マクラーレン)
13位AKAMARU(ザウバー)

ギアトラブル、サスもダメージ、タイヤも限界、されど航行に支障・・・ある。
順位キープの為ピットインを我慢する。
12位から13位に転落したがピットインしたら良くて13位、
ダメージ度によってピット作業のタイムが変わってくるからこの場合は最下位になってたろう。
今は1つでも順位を上げてフィニッシュしたいんです。

ヒューマンGP2015第8戦フランスGP


人気ブログランキングへ

img044b3.jpg

フランスGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPマンセル(ウイリアムズ)1'15"20
2位シューマッハ(ベネトン)1'16"59
3位アレジ(フェラーリ)1'16"73
4位プロスト(ウイリアムズ)1'16"78
5位亜久里(フットワーク)1'17"33
6位J.J.レート(ザウバー)1'17"37
7位ハッキネン(マクラーレン)1'17"62
8位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'17"91
9位中嶋悟(フットワーク)1'18"42
10位セナ(マクラーレン)1'18"62
11位ベルガー(フェラーリ)1'19"18
12位右京(ティレル)1'19"36
13位チェザリス(ティレル)1'19"76
14位AKAMARU(ザウバー)1'28"82

コースレイアウトはシンプルっぽいように見えるが、実際走ってみると攻め辛い。
ブラインドコーナーとか流れに乗りそうなところで逆を行かせる感じのコーナーが意地悪く思える。
これならモナコの方が、確かにあそこはコーナーが多いがレイアウトが分かり易い分走りにくくはない。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位プロスト(ウイリアムズ)
2位マンセル(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位ベルガー(フェラーリ)
7位ハッキネン(マクラーレン)

14位AKAMARU(ザウバー)

レース中に録画が終了してしまうハプニング発生。
やり直しをするか、このまま後半のレース動画をなしにする案もあったが、
結局レースを赤旗中断し録画をセット、後にそこからの再開とした。
そういうドタバタがあったからではないがまたも最下位に終わる。

ヒューマンGP2015第7戦カナダGP


人気ブログランキングへ

img044b2.jpg

カナダGP予選です。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'19"60
2位マンセル(ウイリアムズ)1'20"40
3位アレジ(フェラーリ)1'20"65
4位セナ(マクラーレン)1'21"11
5位ベルガー(フェラーリ)1'21"65
6位中嶋悟(フットワーク)1'22"20
7位ハッキネン(マクラーレン)1'22"29
8位亜久里(フットワーク)1'22"36
9位シューマッハ(ベネトン)1'22"42
10位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'22"56
11位右京(ティレル)1'23"20
12位J.J.レート(ザウバー)1'23"56
13位チェザリス(ティレル)1'26"51
14位AKAMARU(ザウバー)1'35"31

カナダのコースは落とし穴みたいにピットロードの入り口があって驚いた。
これまでのコースのピットの入り口はやや入り辛い角度に位置してたけど、
カナダはまっすぐ走っている先にあるのでうっかりしているとそのままインしてしまう。
実は練習走行でしてしまいました。

決勝↓
[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位シューマッハ(ベネトン)
4位アレジ(フェラーリ)
5位ベルガー(フェラーリ)
6位中嶋(フットワーク)

12位AKAMARU(ザウバー)

兎に角食い下がった、見苦しく食い下がった、それでようやく12位フィニッシュ出来ました。
しかしその結果マクラーレン勢と知らず知らずのうちに激しくバトルしてしまいセナが入賞圏内から脱落している。

ヒューマンGP2015第6戦モナコGP


人気ブログランキングへ

img044b1.jpg

少しだけ戻る設定のタイプ1のハンドリングでこの狭く入り組んだモナコのコースを走るのはかなりきついと、
練習走行をする。
[広告] VPS


まともに走ることすら出来ないと思っていたが案外そうでもなく、なので予選アタックする。
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'20"20
2位ハッキネン(マクラーレン)1'21"40
3位シューマッハ(ベネトン)1'21"71
4位マンセル(ウイリアムズ)1'21"82
5位セナ(マクラーレン)1'22"36
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'22"62
7位ベルガー(フェラーリ)1'23"87
8位アレジ(フェラーリ)1'23"45
9位中嶋悟(フットワーク)1'23"82
10位チェザリス(ティレル)1'24"51
11位J.J.レート(ザウバー)1'25"42
12位右京(ティレル)1'25"82
13位亜久里(フットワーク)1'26"16
14位AKAMARU(ザウバー)1'37"45

タイプ1は厳しい、コースなりに走行するのがやっとでラインどりなんか出来ない。
タイムも前車から約10秒落ちだ。

決勝↓
[広告] VPS


【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ)
2位セナ(マクラーレン)
3位プロスト(ウイリアムズ)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位ハッキネン(マクラーレン)
7位鉄人パトレーゼ(ベネトン)
14位AKAMARU(ザウバー)

コントローラーのXボタンはブーストでAボタンはバックミラーとライバルの順位表示の切り替えが出来る。
これによって7位までの着順がわかるようになった。
コースはそれなりに把握していてもバトルとなると頭からすっぽぬけてしまう。
ちょっとコースから外れるとガードレールにヒットしてしまうのは厳しくもあるが、
これぞモナコって感じがして何かしら楽しくもある。
トンネルやローズヘアピン等々実際のレースでよく見る光景が再現されてて、
ただ走ってるだけでも嬉しい。

ヒューマンGP2015第5戦スペインGP


人気ブログランキングへ

img044b.jpg

セッティングをオートにしたためハンドリングが十字キーを離した時にセンターに戻るタイプ3になってました。
少しだけ戻る設定のタイプ1を今後使うことに、なのでフリー走行で練習をする。
[広告] VPS


このタイプ1のハンドリングにも慣れたので、タイムはあまりよくないですが予選に突入する。
[広告] VPS

【予選結果】
PPマンセル(ウイリアムズ)1'17"59
2位プロスト(ウイリアムズ)1'19"22
3位ハッキネン(マクラーレン)1'20"07
4位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'20"33
5位セナ(マクラーレン)1'20"37
6位アレジ(フェラーリ)1'21"11
7位J.J.レート(ザウバー)1'22"67
8位シューマッハ(ベネトン)1'22"71
9位中嶋悟(フットワーク)1'22"82
10位ベルガー(フェラーリ)1'22"91
11位亜久里(フットワーク)1'23"71
12位チェザリス(ティレル)1'24"33
13位右京(ティレル)1'24"87
14位AKAMARU(ザウバー)1'41"80

ポジションを争えるタイムではないがフリー走行の時よりは良いタイム。
無論このままでは戦えるレベルではないが、あえてこのまま挑戦する。
決勝↓
[広告] VPS


【決勝結果】
1位プロスト(ウイリアムズ)
2位マンセル(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位ベルガー(フェラーリ)
5位ハッキネン(マクラーレン)
6位鉄人パトレーゼ(ベネトン)
14位AKAMARU(ザウバー)

タイム的には予選超えしたが、争うには程遠い、
接触を避けようと左右のどちらかに寄るとそのままコースからはみ出てしまう。
サスペンションとタイヤの傷みが終盤きつくなると判断しピットインする、
そのまま我慢の走りを続ければもしかしたら13位も有りえたがグリップ力を失ってはどのみち抜かれるので。

ヒューマンGP2015第4戦サンマリノGP


人気ブログランキングへ

img043b5.jpg

予選です
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'22"65
2位マンセル(ウイリアムズ)1'22"80
3位ハッキネン(マクラーレン)1'22"36
4位シューマッハ(ベネトン)1'23"85
5位アレジ(フェラーリ)1'24"25
6位セナ(マクラーレン)1'24"67
7位ベルガー(フェラーリ)1'24"80
8位中嶋悟(フットワーク)1'24"93
9位右京(ティレル)1'26"37
10位チェザリス(ティレル)1'26"37
11位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'26"56
12位亜久里(フットワーク)1'26"80
13位J.J.レート(ザウバー)1'27"59
14位AKAMARU(ザウバー)1'39"78

自分なりにセットアップしたらスピードに乗れず、この結果に。
それでも毎回そんな感じできて前回は2位にもなれたので気にせず決勝に挑みました。

決勝↓
[広告] VPS


【決勝結果】
1位セナ(マクラーレン)
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位マンセル(ウイリアムズ)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位ハッキネン(マクラーレン)
14位AKAMARU(ザウバー)

接触&コースアウトの展開ももはや慣れっこ、まあ最終的にはどうにかなるわいと気楽に周回を重ねる。
しかしドンケツから抜け出せず、今回になってその存在を思い出したオーバーテイクボタンを連続使用するも変化なし。
(オーバーテイクボタン=Xボタンを使用すると一定時間速くなる)
更には周回遅れにされる始末、結果は当然最下位です。
コンピューター側が用意したセットアップを余りにも変え過ぎた、
早々に2位になったので相当油断してしまった、いわゆる、
「戦いの中で戦いを忘れた」ってことです。
亜久里さんじゃないけど次頑張ります。

ヒューマンGP2015第3戦ヨーロッパGP


人気ブログランキングへ

img043b3.jpg

早速ですが予選開始です
[広告] VPS

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'10"91
2位シューマッハ(ベネトン)1'11"37
3位マンセル(ウイリアムズ)1'11"56
4位J.J.レート(ザウバー)1'12"07
5位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'12"16
6位アレジ(フェラーリ)1'12"16
7位ベルガー(フェラーリ)1'12"51
8位ハッキネン(マクラーレン)1'12"80
9位セナ(マクラーレン)1'13"18
10位中嶋悟(フットワーク)1'13"76
11位右京(ティレル)1'14"48
12位亜久里(フットワーク)1'14"59
13位チェザリス(ティレル)1'15"20
14位AKAMARU(ザウバー)1'24"91

タイムアタック早々にマシンに違和感が、なんとエンジントラブルでした。
全くスピードに乗れず、後ろからオイルらしきものをまき散らつつも頑張りましたが結果は散々です。

[広告] VPS


【決勝結果】
1位プロスト(ウイリアムズ)
2位AKAMARU(ザウバー)
3位マンセル(ウイリアムズ)
4位セナ(マクラーレン)
5位シューマッハ(ベネトン)
6位ハッキネン(マクラーレン)

相変わらずの接触&コースアウト、しかし若干ストレート重視にセットアップしたのが功を奏したのか、
ゴボウ抜きで上位に。
終盤2位になるもギアトラブルで6速が使えなくなる。
それでも2位死守、嬉しいが接触を避けていれば優勝も有りえたかと思うと悔やまれる。

ヒューマンGP2015第2戦ブラジルGP


人気ブログランキングへ

img043b2.jpg

開幕戦でそこそこ慣れたので第2戦ではいきなり予選アタックしましたら、予想外のトラブルに見舞われる。
どうやらこのゲームは一旦電源を切ったらセーブデータで再開しても
車のセットアップが初期値に戻ってしまうらしいんです。
兎に角ハンドリングが超オーバーステア!蛇行しまくりです。
因みにこのゲームの操作がハンドルを切ってもセンターに戻らないと書きましたが
ステアリングの設定でタイプ3にすると自動で戻ります、
勘違いしていたというか使ったことがなかったので気が付きませんでした。
ヒューマンGPってストイックでありながら結構ユーザーフレンドリーなゲームなんですね。

では予選開始です
[広告] VPS


【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'19"73
2位マンセル(ウイリアムズ)1'19"76
3位中嶋悟(フットワーク)1'20"40
4位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'21"71
5位J.J.レート(ザウバー)1'21"78
6位シューマッハ(ベネトン)1'22"45
7位ハッキネン(マクラーレン)1'23"13
8位亜久里(フットワーク)1'23"18
9位セナ(マクラーレン)1'23"31
10位右京(ティレル)1'23"33
11位ベルガー(フェラーリ)1'23"37
12位アレジ(フェラーリ)1'23"66
13位チェザリス(ティレル)1'24"60
14位AKAMARU(ザウバー)1'37"85

なんと中嶋が3番手で地元のセナが9番手!!安定のウイリアムズ勢以降は波乱の展開に!
私はセットアップがぐちゃぐちゃなのでなんでタイムを出せるわけもなく結果はこのありさまでした。
決勝で巻き返しを狙います。

[広告] VPS

【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ
2位プロスト(ウイリアムズ)
3位セナ(マクラーレン)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位AKAMARU(ザウバー)
6位ハッキネン(マクラーレン)

スタートダッシュを決めたかったけど接触を恐れて臆病になる、
何度もコースからはみ出ながら踏ん張るが結局接触からのコースアウトになるがしつこく粘りの納豆走行、
結果第2戦にして5位入賞となりました。

ヒューマンGP2015開幕戦南アフリカGP


人気ブログランキングへ
このゲームをプレイするのは実に十数年ぶり、
リハビリを兼ねフリー走行で流し運転したが、1度身についたものはそうそう忘れないようです、
すぐにカンを取り戻しました、ま、元々大したことはないからかも。

ヒューマングランプリのマシン操作は少し難しくてハンドルが自動でセンターに戻りません。
常に小刻みに修正しながら走る感じになります。
(↑実はステアリング設定でタイプ3にすると十字キーを離した時自動で戻ると発覚。。。)
ただ慣れればその操作感がマシンを操っている感じに思えるので楽しくなります。
あとこのゲームには賞金の概念もないし新パーツ投入でパワーアップするとういうのもありません。
つまり使っているマシンが強くなることもなければドライバーがレベルアップすることもないのです。
しかもワンシーズンのみ、コースレコード以外の記録は残りません。

因みに今年度参加チーム参加ドライバーは以下の通り。
【ウイリアムズ(FW15C)=ルノー(RENAULT RS5 V10)】
ナイジェル・マンセル
アラン・プロスト
【ティレル(020C)=ヤマハ(YAMAHA OX10A V10)】
片山右京
アンドレア・デ・チェザリス
【ベネトン(B193B)=フォード(FORD HB SERIES7 V8)】
ミハエル・シューマッハ
リカルド・パトレーゼ
【マクラーレン(MP4/8)=ホンダ(Honda RA122E/B V12)】
アイルトン・セナ
ミカ・ハッキネン
【フットワーク(FA14)=無限(MUGEN-Honda MF351H-B V10)】
中嶋悟
鈴木亜久里
【フェラーリ(F93A)(FERRARI E2 A-93 V12)】
ジャン・アレジ
ゲルハルト・ベルガー
【ザウバー(C12)=フォード(FORD HB SERIES7 V8)】
AKAMARU
J.J.レート

では予選開始です
[広告] VPS


セッティングはオートでおまかせやってから後は好みで変更を加えます。
ギアチェンジはオートマチックにして楽してるつもりだけど、それでも結構厳しい。

【予選結果】
PPプロスト(ウイリアムズ)1'14"42
2位マンセル(ウイリアムズ)1'15"42
3位ハッキネン(マクラーレン)1'16"76
4位セナ(マクラーレン)1'17"25
5位シューマッハ(ベネトン)1'17"56
6位アレジ(フェラーリ)1'18"67
7位鉄人パトレーゼ(ベネトン)1'19"07
8位ベルガー(フェラーリ)1'19"16
9位中嶋悟(フットワーク)1'19"33
10位AKAMARU(ザウバー)1'20"45
11位J.J.レート(ザウバー)1'20"56
12位亜久里(フットワーク)1'20"80
13位チェザリス(ティレル)1'21"33
14位右京(ティレル)1'22"70

ポールのプロストとは約6秒の差、笑うしかありません。
6位までがポイント圏内なので約2秒差のアレジにたどり着ければという感じです。

決勝
[広告] VPS


【決勝結果】
1位マンセル(ウイリアムズ
2位セナ(マクラーレン)
3位プロスト(ウイリアムズ)
4位シューマッハ(ベネトン)
5位アレジ(フェラーリ)
6位ハッキネン(マクラーレン)
・・・
9位AKAMARU(ザウバー)

スタートで出遅れ、接触、最後尾になるも、完走狙いだったので結果の9位は悪くはないです。
決勝結果に関してこのゲームは、表彰台のみ表示され、直後ポイントランキング画面に。
表彰台がF1の全てという哲学がこのゲームにはある、と解釈しておきましょう。

ヒューマングランプリ2とりせつ


人気ブログランキングへ
古いゲームソフトになるとソフトはあるが取扱説明書がない場合が多い。
なのでとりせつの画像をUP。
img050a.jpg
img034a.jpg
img035a.jpg
img036a.jpg
img037a.jpg
ドライバーエディットで生年月日(BIRTH DAYE)を1960年3月21日とし国籍(NATONALITY)をブラジルにするとセナが現れる。
無論能力もセナ設定になっているので強い。
因みに名前はA.SENNAとした方が他のドライバー表記と同じになるので良い。
※因みに私はうっかりAYRTON SENNAとしてしまった・・・
img038a.jpg
img039a.jpg
img040a.jpg
このゲームの楽しいところはドライバーの移籍が自由でエンジンも好きなエンジンを積めるところだ。
よって今回は、
ウイリアムズのデーモン・ヒルをマンセルに、
マクラーレンのアンドレッッティーをセナに、
フットワークのワーウィックを中嶋悟に、
ザウバーのベンドリンガーを自分が使うドライバー「AKAMARU」にチェンジした。
そしてマクラーレンのエンジンをHonda V12、ザウバーのエンジンをフォードに変えました。
img041a.jpg
img042a.jpg
img043a.jpg
img044a.jpg
img045a.jpg
img046a.jpg
img047a.jpg
ヒューマングランプリ2オープニング
[広告] VPS

ヒューマングランプリ2デモムービー
[広告] VPS

[広告] VPS